活動実績

  • 2008年2月19日 17:38

     私も委員を務め、積極発言している自民党中小企業調査会(会長:金子一義)は、中小企業の昨今の景況感悪化を受けて、『年度末の中小企業対策に向けた決議』を取りまとめ、福田総理に要望を行ないました。政府は近く対応策を発表の予定です。

     決議は以下の通りです。

                年度末の中小企業対策に向けた決議

     地域の中小企業の回復なくして、我が国経済の真の内需中心の景気回復は達成し得ない。そのため、自由民主党は、厳しい地域経済の痛みを感じている中小企業を重視し、様々な中小企業関連施策を講じてきたところである。

     平成20年度予算案において、農商工連携の促進、小規模企業支援策の強化等の施策を講じ、中小企業対策費を増額した。税制面でもベンチャー対策、人材育成等の中小企業対策を講じたほか、長らく中小企業関係者からの要望が強かった事業承継の円滑化については、抜本的かつ総合的な支援策を講じることを決定した。

     さらに昨年末には、原油価格の高騰に伴う中小企業等への緊急対策を取りまとめ、平成19年度補正予算においても、金融・原油高騰対策などの中小企業対策を措置し、当初予算と合わせて約2100億円の原油高騰策を講じている。

     しかしながら、原油価格の高騰や建築着工件数の減少等のより、中小企業の収益が圧迫されたり、資金繰りに苦しむなど、中小企業の経営環境は厳しくなっている。こうした中、中小企業の景況感も悪化の一途をたどっている。

     このように景気の下振れリスクが表面化しつつある中で、我が国経済の基盤を形成する中小企業に対し、きめ細かく対応することは、緊急かつ最重要の政策課題である。特に、年度末の資金需要期を迎えるにあたって、政府は、中小企業に対する金融の円滑化や下請取引の適正化等、以下のような中小企業対策に万全を期すべきである。

    1.年度末の資金需要期に向けて、信用力に乏しい中小・零細事業者が安心して事業を継続できるよう、小規模企業への金融の円滑化を図るとともに、資金繰りへの配慮を要請する等、年度末金融の円滑化を図ること

    2.とりわけ、原油価格の高騰や建築着工件数の減少による影響を受けている中小企業に対するセーフティネット保証等の金融面の支援に万全を期すこと

    3.地域密着型金融の推進等、地域の面的再生・活性化に向けた民間金融機関の取組を強化すること

    4.下請代金法や独占禁止法に基づく取締りを強化するとともに、下請適正取引等の推進を徹底すること

    5.建築確認申請の早急な処理が行なわれるよう、体制確立に万全を期すこと

    6.過度な価格競争にさらされている地域の事業者、コスト転嫁に悩む小規模運送業者などの事業円滑化のための体制整備を行なうこと

    7.必要な施策が切れ目なく実行されるよう予算の早期成立を図り、施策の執行体制を確保すること

    8.中小企業経営継承円滑化法案や、農商工等連携関連二法案など、地域中小企業の活性化に資する法案が円滑に施行されるよう、体制の整備に遺漏なきよう努めること。また、売掛債権の早期現金化支援制度の導入、中小企業の再生支援の強化等を図るための法案を早期に提出すること

    9.以上の中小企業対策について、全国の中小企業者に十分に活用されるよう、各施策の周知、広報に努めること

     以上 決議する。

                           平成20年2月19日

                    自由民主党 中小企業調査会

    ...

  • 2008年2月 6日 11:05

    最近、「改革」という言葉が死語になりつつあります。しかし国内外の環境が大きく変化していくなか、自らを環境に合わせる改革ができなければ、ただただ衰退していくだけです。国内の少子高齢化、人口減少、公的債務に対する対応は待ったなし。グローバル化は選択肢(CHOICE)ではなく、厳然たる事実(FACT)です。
    このような現実から目をそむけ、内向きの議論に終始をしていれば日本は取り返しのつかないことになるでしょう。'バラマキ野党'に'先祖がえり自民党'では、解決の道はありません。我々、自民党の若手議員はこのような状況に強烈な危機感を覚え、自らの政策を磨き、行動すべく結集しました。

    ...
  • 2008年1月22日 10:19

    渡辺喜美大臣を囲んで定期的に勉強会をしています。
    参加者は改革志向の強い1年生議員10名で、私と木原誠二代議士の呼びかけではじまりました。本日が第三回目です。
    大臣室で昼食をとりながら概ね1カ月に1回程度開催しています。
    テーマはその都度タイムリーな政策テーマを議論しています。公益法人改革や年金問題、公務員改革等様々です。本日は株価の世界同時下落をうけて株価・景気対策を議論しました。また、今後の公務員改革についても議論がなされました。内容は現段階では非公開ですが、いつの日かパッケージとしての政策として世に出したいものです。

    ...
  • 2007年12月12日 10:25

    平成20年度税制改正に向けて、自民党の税制調査会の議論が大詰めをむかえました。

    自民党税調でまとめられた物が、与党間協議を経て、大綱としてまとめられ、政府の税制改正案となっていきます。

    今回の税制改正においては、私は特に事業承継税制、エンジェル税制の拡充の分野で積極的に発言をし、流れを作る一翼を担うことができました。また、余り脚光を浴びませんでしたが、企業再生税制の特例措置を受ける私的整理要件緩和において、適用される金融機関に信用保証協会を含めるという税制改正についても実現をすることができました。

    いずれも中小企業の会社経営の経験、新しい銀行や証券会社を創った経験等実体験を基に日本の経済成長に資する為という大きな観点から発言をしましたので、自民党税調幹部の皆さんにも私の意見を真摯に受け止めていただき、反映していただきました。


    中央 津島自民党税調会長と与謝野小委員長
    毎回100名を超える議員が参加し、熱心に議論が交わされる

  • 2007年12月 2日 16:13

    私が呼びかけ人となって、日本の経済成長と財政再建に関する勉強会をしています。本会には毎回竹中平蔵先生に参加していただき、経済・財政に精通した1年生議員で改革志向の強い15名が参加しています。(僭越ながら私が人選させていただきました)

    今回が3回目で、毎回活発な議論がなされています。

    参議院選挙惨敗後、民主はバラマキ、自民は先祖がえりでは真っ当な感覚を持った有権者の選択肢が無くなってしまいます。グローバルな現実と、現状の日本が抱える諸課題を直視し、一時しのぎの政策ではなく、将来の日本の国家像を見据えた政策をパッケージにして提案していきたいと考えます。

    主な議論:
    高い経済成長の実現、財政再建、社会保障改革、地方再生、農業改革、 中小企業金融政策、労働改革、貧困対策、一院制、GATE WAY国家、 金融都市ランキング3位(現在東京10位)を目指す金融改革、外為特会を活用したソブリンウエルスファンドの検討、等々。

  • 2007年12月 2日 14:39
    TOKYO自民党政経塾の第二期生の合宿講座が富士山の麓、富士急ハイランドリゾートホテルで開催されました。 本塾は昨年の統一地方選挙でその塾生から大量の当選者を輩出した極めて実践的な政治家養成塾です。 塾長に深谷隆司代議士、塾長代行に小田全宏氏を迎え、私は運営委員として参画しています。 私は東京JC時代、JCの事業としてリンカーンフォーラム(当時の代表は小田全宏氏)と密接に連携をとり、積極的に公開討論会開催を推進してきました。日本再生のためには政治の品質を向上することが不可欠であり、そのためには日本の民主主義をきちっと機能させなくてはならない。そのためには候補者が一堂に会し、有権者の前でライブで討論するということが不可欠であるとの信念からです。私が東京JC理事長を務めた2003年には、衆議院議員選挙において23区にある全ての小選挙区で公開討論会を開催し、今では当たり前のように主要候補者が顔を揃えて開催されるようになりました。 また、候補者選定にあたっては、いままで限られた属性の人(EX.官僚、世襲、地方議員、団体代表、タレント等)に集中をしていましたが、自民党でも公募制度が定着し、ひろく多様な人材がチャレンジできるようになりました。 このように政治を取り巻く環境が大きく変化を遂げているなか、この政経塾の役割もますます高まっていくでしょう。 二大政党時代を向かえ、政党間競争はますます激しくなります。新しい多様な人材を迎え入れ、常に新陳代謝をする'鮮度の良い'自民党を目指していく必要があります。 TOKYO自民党政経塾 詳しくはコチラ↓↓↓ http://www.tokyo-jimin.jp/seikei/index.html...
  • 2007年11月26日 18:12
    ベトナムのグエン・ミン・チェット国家主席が国賓として来日しました。 関連してJETRO、経団連、ベトナム商工会議所の共催で、日本ベトナム経済フィーラムが経団連会館国際会議場で開催されました。 当日はチェット主席のほかフック計画投資大臣やフォン科学技術大臣をはじめベトナムの有力企業経営者らが参加し、日本側を合わせると400名を超える出席者となりました。 私は本年8月に武部ベトナムミッションに随行し、その中の経済ミッション代表として企業人と共にベトナムに訪れました。日本のものづくりを支える中小企業が集積する大田区とベトナムとのアライアンスは必ずや双方にWIN-WINの関係を築けるものと確信し、ベトナム要人ともいくつかの約束をしてきました。 今回は松原大田区区長にもフォーラムに参加いただき、さらにはパネルディスカッション「日越ビジネスアライアンスの拡大に向けて」のパネリストとして大田区産業振興協会の山田専務にも参加してもらいました。このことは今後の日越関係、さらにはベトナムと大田区のアライアンスへと大きく発展する基礎になるものと考えます。 私は、本フォラームのパネルディスカッション開始に当たりゲストスピーチをしてきました。 一年生議員がこのような国賓を招いたフォーラムにおいてスピーチをすること自体、極めて異例のことではありますが、ベトナムサイドの日本の裾野産業に対する熱い期待の表れであろうと思います。


    グエン・ミン・チェット国家主席のスピーチ...

  • 2007年11月16日 12:15
    11月14日から21日の8日間、静岡県で技能オリンピックが開催されています。 去年の国内大会の高知には私一人が競技現場に視察にでかけました。 (活動実績:2006年10月20日参照) その際、案内役の大会役員と話したところ、「式典に参加する国会議員はいるが、競技現場に視察に来る議員は初めてだ。」との話。ものづくりは我が国経済の土台であるとの認識のもと、ものづくりを支援する法律を議論しているにも関わらず、これではいけないと思い、今回同僚議員に声をかけました。国会が延長され、テロ新法など大変国会のスケジュールがタイトななか、6名の議員が視察に参加することとなりました。    そもそもこの技能五輪は、お亡くなりなられた北嶋絞りの前社長の北嶋さんからお話をいただき、「ものづくりが大事だというわりに、技能五輪のメダリストに対する賞金が低すぎる。」というお話しと、「国会議員は口ばかりで、何もしない。」というお言葉をいただき、その後、北嶋さんと相談し、実現に向けて取り組むとのお約束をさせていただたのが始まりでした。  今回、改めて世界大会を視察し、その熱気に圧倒されました。本大会を支援し、我が国のものづくりを支える人材育成のため、近く提言をまとめていきます。 大会内容、詳しくはこちらへ↓↓ http://www.skillsfestival2007.or.jp/jp/index.html...
  • 2007年10月26日 14:30
    自民党一年生議員の会83会で、福田総理と官邸でカレーライスを食べながらの懇談会が開かれました。 福田総理からは国民の目線に立って政策を進めて行くこと、国民の政治への信頼を取り戻して行くこと等お話しがありました。  私は総裁選挙の際、福島県への視察に1日同行し、お話しをさせていただきました。 私の人間福田康夫の印象は'照れ屋'、'目立つのを嫌う'という政治家らしからぬものです。スパリゾートハワイアンズを視察をした際は、フラガールからレイを首にかけられると、照れてすぐ外してしまう。  舞台を上から見下ろすバルコニーに出て、手を振ると、驚いた観客から歓声があがった。そして、若い水着の女性数名が手を振って黄色い声を上げた。 私が前日の福田総裁候補の「麻生さんは若い人に人気があるね。私はどちらかというとおばさんかな。」という発言を捉え、隣で福田候補に「福田先生、若い人たちにも人気あるじゃないですか。」と向けると、「あれは平さんを見ていってるんだよ。」と照れくさそうに返した。なんて政治家ぽくない人だろう。  この政治家ぽくないということが、イコール普通の人の感性に近いということかもしれない。おれがおれがと人を押しのけて自分が目立つことばかり考えている人間で溢れているこの世界で、実はもっとも真っ当な政治家なのかもしれないと思った。派手なパフォーマンスや言動を好まず、今おかれた厳しい政治状況の中で、もくもくと政務をこなす総理、支える力になりたいと思わせる魅力を持った政治家だ。


  • 2007年10月19日 10:08
     新任の米国大使館政務部次席、マークE.ナッパー氏が私の議員会館事務所に表敬訪問に来られました。 海上自衛隊の補給活動延長問題、六カ国協議、国際金融について意見交換をしました。 私からは、補給活動延長問題に関連して、日本から提供された燃料の一部が米国のイラク攻撃に使われたのではないかという懸念に対して、米国にはしっかりとした説明をしてもらいたい旨をお話ししました。  ナッパー次席からは、米朝の関係改善が進んでいるなかで、六カ国協議のなかの日本に立場に対して質問があり、また、日本の言う'拉致問題の進展'とは具体的に何を指すのか等質問がありました。横田めぐみさんの遺骨がDNA鑑定の結果、ニセモノであったという事件がありましたが、それに関連し、米国はベトナム戦争等を経験し、DNA鑑定では世界最高水準の技術を持っている等の話もありました。これからも定期的に意見交換をしていくこととなりました。  同行された政務担当の白新田女史は私が議員になる前から一緒に政策を勉強をした仲間です。


    真ん中:マークE.ナッパー次席 左:白新田女史 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
カフェスタLINEスタンプの販売
カフェスタLINEスタンプの販売
ビッグデータで選ぶ地域を支える企業
another life.(アナザーライフ)
水月会公式バナー
LINEスタンプ
自由民主党公式サイトバナー